門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

FSH(卵胞刺激ホルモン)とは

2020年3月18日 (水) 11:14

FSH(卵胞刺激ホルモン)とは、脊椎動物の下垂体前葉から分泌されるホルモン。



卵巣に対しては卵胞を成熟させ、卵胞ホルモンの分泌を促す、いわゆる「元気な卵を育てるホルモン」になります。



年齢が高くなると卵巣機能が低下してきてきますので、多くのFSH を分泌して卵胞を成長させるようにと卵巣を刺激します。



不妊の患者様はこのFSHの値が高いために妊娠しにくい状態にあることが指摘され、



「クリニックでは体質改善を指示されることが多いのですが、何をしていいのかわからない。」という方が多いのが現状です。



当院では、鍼灸治療や整体で臓腑機能やバランスを整えることで卵巣の働きが高まり、FSHの改善(低下)が期待できます。





仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/





当院の患者様は「原因不明と言われてしまった」「不妊治療クリニックを何度も転院」という方もいらっしゃいます。

もしあなたが、もっと他に取り組める方法をお探しであれば是非一度でも良いので、お試し頂きたいと思います。

【不妊鍼灸整体・不妊整体施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 豆知識

web予約はこちら

東京高齢不妊センター仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付7:20迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日 東京高齢不妊センター仲町鍼灸接骨院

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

web予約はこちら

facebook

初めての方へ

仲町鍼灸接骨院

FACEBOOK

  • web予約はこちら

  • facebook

  • 初めての方へ

  • 仲町鍼灸接骨院

ページの先頭へ戻る

gotop