門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

暴飲暴食のリセット

2019年6月6日 (木) 09:09

 妊活をされている方は、今までの生活に比べて制限されることが多いのでそのストレスから暴飲暴食をしてしまう事もあるかもしれません。
この時期はクリスマスやお正月もありますしね。

暴飲については、簡単です。
飲むについては缶ビール1本程度であれば付き合いなどもありますし
毎日でなければ許容範囲と思います。
出来れば妊活中の飲酒はない方が理想です。

暴食ですが私たちが食べたものは、胃に入り小腸に行き消化吸収されます。
食べたものがすぐに脂肪になる訳ではありません。
暴食をしてしまった翌日の食事が大切になってきます。

妊活中、妊娠中は暴飲暴食をしてしまうこともしょうがないと割り切って、次の日にきちんとリセットして体重管理をしましょうね。

暴飲暴食してしまったら、以下の4つに注目です。

1.白湯を飲む

朝起きたら、まずは白湯を飲んで内臓を温めて、代謝をアップさせましょう。
血液やリンパの流れも良くなって、老廃物を体外に排出してくれます。
白湯が飲みにくいと感じる人は、白湯に少しレモンを絞ってみてください。
レモン汁でもいいですよ。

2.軽い運動をして汗を出す
軽い運動を行うと代謝も良くなり老廃物も外に出やすくなります。
腸の活動も活発になるので、便秘解消にもなります。腸が元気であれば
体全身の調子も良くなります。

3.水分を多く摂る(無糖)
暴飲暴食した次の日は、水分をいつも以上に多く摂りましょう。
これも汗や料として老廃物を排出させましょう。

4.食べる量は控えましょう
食べる量をいつもの半分から3/2程度にしてください。
プラス、脂肪や糖質、老廃物を体外に排出してくれる食材を積極的に食べましょう。
オススメの食材を提案しますね(^o^)/

■青魚
魚の中でもいわし、さば、にしん、あじ、さんまなどの青魚がおすすめです。
これらの魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)には脂肪を燃焼する作用があり、
さらには「GLP-1」というホルモンを分泌させます。
この「GLP-1」は糖の吸収を抑えたり、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いだり
する効果があります。
その他DHA(ドコサヘキサ鳶)血液をサラサラにする効果も期待できます。

■野菜
ここでおすすめなのは食物繊維が多い野菜、糖質が少なめの野菜、
食べ過ぎ・飲み過ぎで発生した活性酸素を除去する緑黄色野菜、

■海藻類
わかめ、昆布、もずく、ひじきなどの海藻は最強のリセット食材。
表面のぬるぬる成分「フコイダン」が脂質の吸収を抑えて体の外に排出、
さらに海藻の色素「フコキサンチン」には脂肪をエネルギーに変えて燃焼させる
効果が!
そして海藻類はカリウムが多く含まれているので、食べ過ぎ、飲み過ぎ後の
むくみにも効果的です。

■酢の物
余分な糖の吸収を抑え、血糖値の上昇も緩和する酢は、食べ過ぎ翌日には
摂っておきたいもの。酢も海藻も一緒に摂れる「もずく酢」がオススメ。



暴飲暴食したら、必ず翌日は意識して食事や飲み物を摂取してくださいね。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/









当院の患者様は「原因不明と言われてしまった」「不妊治療クリニックを何度も転院」という方もいらっしゃいます。

もしあなたが、もっと他に取り組める方法をお探しであれば是非一度でも良いので、お試し頂きたいと思います。

【不妊整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら









【不妊鍼灸コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

不妊とビタミンC・ビタミンE

2019年5月16日 (木) 04:48

 ・ビタミンC


葉酸や、ビタミンE、鉄分などの栄養を吸収する効率を高め、葉酸やビタミンEの働きを向上してくれる働きがあります。


そして、精子と卵子の受精効率を高める事にも働くと言われています。


《ビタミンCを多く含む食べ物》

赤ピーマン、黄ピーマン、トマト、ブロッコリー、レモン、アセロラ、グァバ、パセリ、海苔、キウイ、柚子、いちご、じゃがいも


などこういったものが挙げられます。


ビタミンCはビタミンの性質でいうと水溶性ビタミンというものに分類されます。


同じ水溶性ビタミンの中でも、とても水に溶けやすい性質がある為、水に浸ける時間や、茹でる、蒸す、焼くなどにより簡単に栄養が破壊され、流れてしまいます。


特に熱に対して弱く、長時間の加熱は簡単に成分が破壊されてしまいます。


また、人参やキュウリにはビタミンCを破壊する成分が含まれている為、一緒に食べない方が吸収が良くなります。


調理する際はこういった点で注意が必要です。


・ビタミンE


ビタミンEは子宮内膜の血流を改善し、内膜の厚さを上昇させます。

また、活性酸素と言われる、身体をサビさせてしまう事で、着床確率を低下させる物質を抑制する効果もあります。


《ビタミンEを多く含む食べ物》
あん肝、鰻、すじこ、キャビア、いくら、たらこ、あゆ、モロヘイヤ、自然薯、カボチャ、アボカド、赤ピーマン、マーガリンなどこういったものが挙げられます。


ビタミンEはビタミンAやC、βカロテンと一緒に摂る事で、より身体がサビないようにする力が強くなります。


またビタミンEは酸化しやすい為、光や空気にあまり触れないようにする事が大切です。


摂取する際はこういった注意が必要です。


ビタミンEは多く取り過ぎると、身体が勝手に吸収しなくする為に、過剰に取りすぎる事はほとんどありません。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/








当院の患者様は「原因不明と言われてしまった」「不妊治療クリニックを何度も転院」という方もいらっしゃいます。

もしあなたが、もっと他に取り組める方法をお探しであれば是非一度でも良いので、お試し頂きたいと思います。

【不妊整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら





【不妊鍼灸コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

不妊による着床障害と子宮内膜の関係

2019年5月9日 (木) 08:30

受精卵が子宮内膜に着床する事で妊娠しますが、中には受精はしたものの、子宮内膜に着床せずに流れてしまうと言う事もあります。



これを着床障害といいます。



この着床障害になると言われている原因の一つが子宮内膜の厚さです。



子宮内膜は土台として内膜が常に一定の基底層と月経周期、ホルモン周期によって時期に合わせて内膜が剥がれ落ちる機能層とに分かれ、この機能層と言われる部分の子宮内膜の厚さが変わります。

この子宮内膜の厚さは、例えでお伝えすると、鶏がワラを敷き詰めた上に卵を産んで温めるのと同じように、子宮内膜を厚くする事で、ワラを敷き詰めてフカフカのベッドを作っているのと同じ状態にします。

この子宮内膜は、8㎜以下の厚さは薄いとされ、妊娠に必要な子宮内膜の厚さは、

最低6㎜と言われています。

理想的な子宮内膜の厚さは10㎜以上です。



この子宮内膜が厚くならないと、剥がれ落ちる量も減る為、月経時の経血の量が少なくなると言われています。

子宮内膜を厚くする為に必要な要素の一つ、栄養にスポットを当てて、お伝えしていきます。



・葉酸
これは妊娠する前から摂取した方が良いという事をわかっている方も多いと思いますが、とても大切な栄養素です。



葉酸はビタミンB群の一つで、子宮の着床障害の時に、受精卵を着床し易くする為に、子宮環境を強くする働きがあると言われています。



《葉酸を多く含む食べ物》
レバー、生うに、数の子、イクラ、モロヘイヤ、パセリ、ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、ワカメ、海苔、青のり、卵



などこういったものが挙げられます。

葉酸はビタミンの性質でいうと、水溶性ビタミンというものに分類されます。



水に溶けやすい性質がある為、通常の状態でも吸収率は良いですが、水に浸ける時間や茹でる時間が長いと、栄養が流れてしまいます。



熱に対して弱く、あまり長時間の加熱は簡単に成分が破壊されてしまいます。



葉酸を効率よく摂るには、まず加熱しない、他のビタミンB群(B2、B6、B12)や、Cと一緒に摂る事で吸収率が高まります。




仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











当院の患者様は「原因不明と言われてしまった」「不妊治療クリニックを何度も転院」という方もいらっしゃいます。

もしあなたが、もっと他に取り組める方法をお探しであれば是非一度でも良いので、お試し頂きたいと思います。

【不妊整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら





【不妊鍼灸コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

冷え性の原因を改善する食品と不妊鍼灸整体の関係

2019年3月8日 (金) 00:07

不妊症と食事の関係

冷え性を呼び起こす原因は、食生活など生活習慣の乱れと言われます。



寒い時期は、冷えはもちろんのこと、冷えからくる肩こり、腰痛、頭痛など辛い症状に悩まされることでしょう。



現代では農業技術の発達で、旬ではない野菜でも、1年中食べることができます。



しかし、食べ物には、身体を温めるものもあれば、冷やすものもあるので注意が必要です。



身体を中から温める食材としては、ショウガ、にんにく、たまねぎ、カボチャ、ネギ、りんごなどが挙げられます。



逆に、身体を冷やすものは、レタス、白菜、トマト、きゅうり、バナナ等です。



また、インスタント食品やスナック菓子も冷えを助長しますので、避けた方が賢明です。



そして、冷え性を改善するストレッチもオススメです。



食事は体質改善に必要不可欠です。



クリニックで不妊治療が思うように進まなかった患者様が当院へ御相談を頂くことが多数ございます。



不妊鍼灸整体では、身体のバランスを正常に戻すことで、血液の流れはもちろんのこと、リンパや神経のめぐりを整えます。



腰痛や頭痛も改善され、妊娠しやすい身体づくりの強い味方となるでしょう。





仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/




【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

妊活中の控える食品類⑤~人工甘味料~

2018年8月21日 (火) 13:16

世界一普及している人口甘味料のアスパルテームは、その害による訴訟がアメリカ多数起こっています。


妊活中の女性にとっての害としてあげるなら、精子の激減作用があります。また、スクラロースは流産の可能性、ステビアは避妊効果のある薬草から作ったと言われています。


  • アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物と併記。 使用頻度高い
  • アセスルファムカリウム(アセスルファムK):使用頻度高い
  • スクラロース:使用頻度高い
  • サッカリン(サッカリンナトリウム):歯磨き粉やのどスプレーなどに添加。
  • ネオテーム
  • ズルチン:使用禁止
  • チクロ(サイクラミン酸):使用禁止


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

妊活中の控える食品類④~非加熱・非殺菌のチーズ~

2018年8月14日 (火) 13:13

 ナチュラルチーズなどの非加熱・非殺菌のチーズは、リステリアという殺菌が付いている場合が多く、リステリア菌がそのが子宮や胎盤についた場合、卵管が細くなるなどの不妊の原因になる可能性があるといわれています。



ちなみに、プロセスチーズは、複数のナチュラルチーズを加熱して溶かし混ぜる事で作られているので食べても問題ありません


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

妊活中の控える食品類③~トランス脂肪酸~

2018年8月7日 (火) 13:07

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種で、マーガリンや菓子パン、スナック菓子などに含まれています。

また、冷凍食品やファーストフードなどには、食品の味を長持ちさせるために使われていることが多いです。

米国のハーバード大学医学部の発表で、脂肪酸が女性の排卵機能に悪い影響を与えて不妊症の原因になっているのではという考えを発表しました。

摂取エネルギーに対してトランス脂肪酸のエネルギーが2%増加するごとに排卵性の不妊症が高まるとわかっています。

また、一価不飽和脂肪酸(オリーブ油に含まれているオレイン酸など)からのエネルギー摂取より、トランス脂肪酸からのエネルギー摂取量が2倍になると排卵性の不妊症になる危険性が23倍に増加することもわかっています。


※アメリカではトランス脂肪酸について加工食品の栄養表示を義務づけています。また、2015年6月16日に、部分水素添加油脂の食品への使用規制を決定しました。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

妊活中の控える食品類②~大豆食品~

2018年7月31日 (火) 13:00

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの替わりになり、生理痛や更年期障害などを緩和する作用がありますが、過剰摂取は気を付けなければなりません。

なぜなら、大豆イソフラボンがあることで脳の視床下部が誤解をして、本来排出されるべきエストロゲンの分泌にストップをかけてしまうからです。

エストロゲンは分泌されないと排卵はおきません。

また、過剰摂取で子宮内膜症やポリープなどの重大な婦人疾患を引き起こすという指摘もされていますので、妊活中でなくても、豆乳の過剰摂取には注意が必要です。

女性の体の健康のために摂取して良い大豆イソフラボンの目安は、1日あたり70~75mgです。商品によって成分量は違いますが、豆乳であれば1日1~2本、200~400mlが目安ですから、妊活中は1日1本を目安に豆乳を飲むといいでしょう。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

アルギニンを多く含む食品④

2018年7月17日 (火) 11:32

アルギニンを多く含むシリーズ最後の食品は魚介類です。


特に、エビやマグロはアルギニンがとても豊富。エビには、肉類の約1.5倍ものアルギニンが含まれています。


マグロは、アルギニンの吸収率をアップさせるビタミンB6もたっぷり!相乗効果も期待できそうです。


魚介類の中では最もアルギニン含有量の高い食材はえびです。


エビ類には動脈硬化を予防する物質も含まれており、冷え性、血行不良も改善します。


エビ類はほかの食材に比べると固い殻があり、消化吸収が悪いため、すり身にしてやると消化吸収を高めることができます。


油には抗酸化ビタミンといわれるビタミンEが多く含まれているのでエビのすり身揚げなどが良いのではないでしょうか。


肉との大きな違いは、魚介類だと「生」と「加熱」の両方で食べられるということ。調理法が増えれば、食事のバリエーションも広がって助かりますよね。しかも、「加熱調理しても、あまり量が損なわれない」というのも、うれしい限りです。


以上、アルギニンを多く含むおすすめ食材を紹介しました。「大豆類」「肉類」「魚介類」の3つを頭に入れておき、毎日の食事づくりに活かしてください。


ただし妊活に必要な栄養素は、アルギニンだけではありません。さまざまな栄養をまんべんなく摂ることが大事。やはりバランスのとれた毎日の食事が、何より大事ということですね。









仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/















【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

妊活中の控える食品類①~カフェイン・アルコール~

2018年7月10日 (火) 11:27

妊活をしていなかった頃は、食べたい物であれば何でも食べていたと思います。

しかし、妊活中は食べる際に注意すべき食品が存在します。

そこで、今回は、妊活中に食べてはいけないものや避けた方が良いものなどついてご紹介したいと思います。


カフェイン


1日に300mg以上のカフェインを摂ると、不妊症になりやすくなると言われています。

2009年に発表された「骨とミネラルに関する研究報告書」によると、カフェインがビタミンDの吸収を阻害することが分かったそうです。

ビタミンDの吸収が上手くいかなくなるとカルシウムが不足し、子宮内膜に必要な栄養素が行き届かなくなります。

コーヒー1杯(200mL)に含まれるカフェインはおよそ120mgです。朝昼晩とコーヒーを飲む習慣がある方や、仕事中に何度もコーヒーを飲む場合は、コーヒー以外の飲み物にするか、デカフェ(カフェインレス)のコーヒーを選ぶと良いです。

不妊症になりやすいだけでなく、妊娠したあとも過剰摂取すると低出生体重児のリスクが上がるという調査結果もあります。


アルコール


アルコールが妊娠に与える影響は、実は因果関係がはっきりとは出ていないようです。しかし、因果関係が立証されないまでも、現実に妊娠率が下がり、不妊の確率が増えるというデータは出ています。

おそらく、身体に入ったアルコールは異物であり、肝臓へ送られ分解されます。その過程で大量に発生する「活性酸素」が妊娠と深く関係していると思います。

活性酸素とは、体内でウィルスなどと戦うもので、それ自体は悪いものではありません。

しかし、この「活性酸素」が、アルコールの摂取などによって大量発生すると、健康な細胞まで攻撃し、細胞を酸化させてしまいます。

この酸化を防ぐ機能のバランスが崩れた状態の事を「酸化ストレス」状態といいます。

「活性酸素」は、排卵や卵の成熟にも必要なものですが、卵胞内に備わっている活性酸素が、バランスの崩れた「酸化ストレス」状態の中で、卵子の質を低下させてしまうためだと思います。




仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/





















【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

アルギニンを多く含む食品③

2018年6月12日 (火) 17:49

毎日の食卓に無理なく取り入れられるのが、「肉類」です。中でもアルギニンを豊富に含むのは、豚ゼラチン。「100gあたり7,900mg」と、全食品の中で断トツの含有量を誇っています。

 

豚ゼラチンは皮に多く含まれているので、豚の角煮などで食べるのがいいでしょう。下ごしらえさえしておけば、あとはコトコト煮るだけ。調理も簡単です。しかも、大根やゆで卵も一緒に煮ておけば、立派な一品に。

 

ただし、豚ゼラチンにこだわる必要はありません。牛や鶏、また豚肉のゼラチン質ではない部位にも、「100gあたり1,300mg1,400mg」と、アルギニンが豊富に含まれています。

比較的食卓に出やすいのが「鶏肉」だと思います。


鶏肉に含まれているアルギニンの効果を活かすには、アルギニンの働きを邪魔する脂肪の酸化を防ぐことが必要になってきます。

 

鶏肉の脂肪の酸化を防ぐには、なんと「しょうゆ」を使うことが大切なのです。

 

◇加熱調理後の食肉の脂質酸化量

 台湾・フー・ジェン大学による「加熱調理後の食肉の脂質酸化量」を見ると、「肉+しょうゆ」は、「肉+水」の65%脂質酸化量を抑制することがわかりました。

 

しょうゆに漬け込んだ鶏肉の、最も効果的な調理法は「蒸す」ことです。


 蒸すことで余分な脂が落ちる上に、脂肪の酸化が一番少ないそうです。


「しょうゆ漬け蒸し鶏」などよいのではないでしょうか。


肉類はアルギニン以外のアミノ酸のバランスも良く無理なくおいしく食べられるというのが、一番のメリットですね。

 

とはいっても、摂りすぎは禁物。カロリーオーバーを招き、肥満を引き起こしてしまいます。たとえばハンバーグやステーキなどのように、肉類をメイン料理にするなら、野菜もプラスしてあげましょう。焼き野菜をたくさん添えたり、根菜たっぷりのスープを組み合わせたりして、バランスよく栄養が摂れるように工夫してあげてくださいね。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

アルギニンを多く含む食品②

2018年5月22日 (火) 01:16

 栄養素の含有量を調べるために、文部科学省が公表している「日本食品標準成分表」を使っている人も多いのでは?アルギニンを多く含むのは、加工品の「大豆たんぱく」や「湯葉」など。全食品におけるベスト10のうち、大豆類が多く占めています。


アルギニンを多く含む大豆類の中で、比較的食べやすい食材といえば、「高野豆腐(凍り豆腐)」でしょうか。高野豆腐に含まれるアルギニンの効果を活かす為にはアルギニンを体内で合成するビタミンB6が必要になります。


アミノ酸をうまくタンパク合成したり、身体の中で働かせるためにはビタミンが必須で、特にビタミンB6を一緒に摂ることがとても大切なのです。


高野豆腐とビタミンB6を多く含む「ノリ」を一緒に取るとアルギニンが効果的に吸収されます。

 

 

◇大豆食品のアルギニン含有量100g中(五訂食品成分表)

・味噌・・・910mg

・納豆・・・940mg

・油揚げ・・・1500mg

・大豆・・・2800mg

・高野豆腐・・・4200mg



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

アルギニンを多く含む食品①

2018年5月1日 (火) 16:47

妊活には欠かせないアミノ酸の一つのアルギニンが多い食品を以下にご紹介します。

お子さんがいる家庭ではお子さんにも積極的に食べてもらいたいですね!

 

 

アルギニンは血管を拡張して血流改善の作用が期待出来ます。

骨盤や卵巣子宮周りの血流改善で子宮内膜の増厚や機能向上が期待出来ますし男性にとっても精子の質の向上が期待出来ます。


アルギニンを多く含む食品は鶏肉・マグロ・海老・大豆製品・アーモンドやごまなどのナッツ類です。

以下は食品100gあたりでアルギニンが含まれる量となります。

 

豚ゼラチン 7900mg

干し湯葉 4400mg

かつお節 4300mg

乾燥高野豆腐 4200mg

落花生 3200mg

ごま 2700mg

大豆(乾燥)2800mg

くるみ 2200mg

アーモンド 2100mg

くるまえび 2000mg

しばえび 1700mg

油揚げ 1600mg

鶏むね肉皮なし 1500mg

しゃこ 1400mg

クロマグロ 1400mg

豚ロース 1300mg

牛ひき肉 1300mg



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

食材による体質改善

2018年2月27日 (火) 17:13

食べ物には身体を温める食べ物と身体を冷やす食べ物、そしてどちらでもない食べ物があるという事はご存知でしょうか?

不妊の観点から見ると、妊娠しやすい身体のを作る一つの要因として、体温を上げるという事が必要になります。

また女性の冷え性の方の根本の体質改善という観点から見ても身体を温める事が必要です。

その他にも風邪の引き始めで悪寒がする時は身体を温め、逆に熱が上がりきって高熱を下げるには身体を冷やします。
冬の寒い時期で身体を温めたい、夏の暑い時期には熱中症などの対策として身体を冷やしたい、そういった様々な事にも食べ物で身体の中から整える事は非常に重要な事です。


《身体を温める食べ物》
肉・魚・乳製品→鶏肉、ラム肉、鶏・豚のレバー、イワシ、カツオ、海老、穴子、鰻、チーズ

果物・野菜→かぶ、蓮根、ごぼう、白菜、ネギ、しそ、カボチャ、ニンニク、ピーマン、桃、さくらんぼ、ザクロ、プルーン

穀類・豆類→もち米、玄米、くるみ、栗、銀杏

お茶類・酒類→紅茶、ウーロン茶、プーアル茶、ジャスミン茶、日本酒

調味料→コショウ、味噌、山椒、わさび、シナモン、大豆油

《身体を冷やす食べ物》
肉・魚・乳製品→鴨肉、馬肉、あさり、スッポン、タコ、あさり、はまぐり、カニ、ウニ

果物・野菜→きゅうり、トマト、ほうれん草、ナス、しめじ、スイカ、バナナ、柿、梨、みかん、パイナップル

穀類・豆類→そば、こんにゃく、豆腐、大麦、枝豆、緑豆、ひえ、あわ

お茶類・酒類→コーヒー、緑茶、ビール、ワイン

調味料→白砂糖、昆布、ワカメ、海苔、ミント、食塩、なたね油、ごま油

《どちらにも属さない食べ物》
肉・魚・乳製品→牛肉、牛のレバー、鮭、アジ、さば、イカ、牡蠣、スズキ、ヒラメ、アワビ、牛乳、卵、豆乳

果物・野菜→春菊、玉ねぎ、人参、山芋、サツマイモ、ブロッコリー、キャベツ、りんご、ブドウ、イチゴ、レモン、

穀類・豆類→とうもろこし、大豆、黒豆、小豆、ピーナッツ、うるち米、きび

お茶類・酒類→はと麦、柿の葉茶

調味料→黒砂糖、はちみつ


これは食べ物自体の性質ですので、身体を温める食べ物を冷蔵で食べたからと言って身体を冷やしたり、逆に身体を冷やす食べ物を鍋にしたり、焼いたりしたから温めるという、一時の表面的なことではありません。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

妊娠期の栄養

2017年10月29日 (日) 11:21

「妊娠中は食事に気を付けて栄養バランスの良いものを食べる」


妊活期によく聞く言葉です。しかしながら、弊院を受診されている方に詳細を伺うと必要な栄養素が十分に満たされていない傾向があります。


妊娠するとお腹の赤ちゃんは母体から栄養を取り込んで大きくなります。


必要なホルモンの原材料は食事から作られます。低栄養の状態では、当然のことですがホルモンバランスが崩れます。


それによって妊娠どころか、月経不順や月経前症候群(PMS)、無排卵月経などの可能性があります。


仮に妊娠できたとしても必要な栄養が足りていない場合、胎児発育遅延や低体重児、早産など胎児の発育に関わる危険性が高いことがわかってきています。


日本人の出生体重は減少傾向にあり、20年で200g減っていると言われています。


「小さく産んで大きく育てるのがいい」と言われていますが、栄養の観点からいえばNGになります。


赤ちゃんの低体重には多くの問題があり、妊娠週数の前に小さく産まれた子ほど高血圧や心筋梗塞になりやすいとの指摘もあります。


妊娠を考えるときこそ、栄養の正しい摂り方を学んでください。




仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

鉄とたんぱく質と不妊について

2017年7月5日 (水) 17:38

病院では貧血傾向になると、鉄剤が処方されます。


しかしながら、貧血が改善されないことがあります。


それは、赤血球のほとんどを占めているヘモグロビンといわれる血色素が貧血と関係があるからです。


ヘモグロビンの「ヘム」という鉄が不足した状態にあり、「グロビン」といわれるたんぱく質も同様、枯渇状態にあるわけです。


鉄とたんぱく質を十分に摂取することにより、妊娠に近づくことができるようになります。


鉄分摂取に加えてタンパク質を含む普段の食生活を見直されてはいかがでしょうか?

132557s


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

鉄分と不妊症

2017年6月5日 (月) 02:52

鉄分は妊娠してから摂るより、妊娠前から摂取するようにしましょう。


鉄はヘム鉄・非ヘム鉄の2つの代表的な種類がありますが、それずれの吸収率はヘム鉄では15~20%、非ヘム鉄では5%前後と言われています。吸収率がかなり悪いですが、あるものを加えると吸収率が高まります。


その「あるもの」とは当院の治療の中の指導の一つとしてご紹介しております。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

コンビニ弁当と不妊治療

2017年5月31日 (水) 00:23

「 時間がないから。」と言ってコンビニのお弁当で済ませんていませんか?


そのお弁当にどれだけの添加物が入っているかご存知ですか?


日持ちさせるために使われている薬品がどれだけあるのか…


それで、健全に赤ちゃんできますか?


添加物だけではありません。過剰な糖質がどれだけ多く占められて、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルは過少なことお分かりですか?


大事なお身体、大切にしてくださいね。

132557s



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

web予約はこちら

東京不妊子宝センター仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付7:20迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日 東京不妊子宝センター仲町鍼灸接骨院

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

web予約はこちら

facebook

初めての方へ

仲町鍼灸接骨院

FACEBOOK

  • web予約はこちら

  • facebook

  • 初めての方へ

  • 仲町鍼灸接骨院

ページの先頭へ戻る

gotop