門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

卵胞刺激ホルモン(FSH)

2020年9月9日 (水) 21:54

卵胞刺激ホルモン(FSH)とは、脳下垂体から分泌される「元気な卵を育てるホルモン」です。



不妊にお悩みの方で卵胞刺激ホルモン(FSH)が高い数値を示していると指摘を検査で受けることがあります。



卵巣の機能が低下すると、ホルモン分泌を多くして卵を成熟させようとしているのかもしれません。



高い数値を示しているということは卵巣が弱っている確率が高く、更に強い刺激でFSHが刺激することで卵巣の反応はさらに低下します。



当院では卵胞刺激ホルモン(FSH)が高いと指摘を病院・クリニックで受けた方に対して卵巣機能を向上させ、FSHを高値から通常値へ改善する施術を行っております。





仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/












当院の患者様は「原因不明と言われてしまった」「不妊治療クリニックを何度も転院」という方もいらっしゃいます。

もしあなたが、もっと他に取り組める方法をお探しであれば是非一度でも良いので、お試し頂きたいと思います。

【不妊鍼灸整体・不妊整体施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 豆知識

web予約はこちら

東京高齢不妊センター仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付7:20迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日 東京高齢不妊センター仲町鍼灸接骨院

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

web予約はこちら

facebook

初めての方へ

仲町鍼灸接骨院

FACEBOOK

  • web予約はこちら

  • facebook

  • 初めての方へ

  • 仲町鍼灸接骨院

ページの先頭へ戻る

gotop