門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

暴飲暴食のリセット

2019年6月6日 (木) 09:09

 妊活をされている方は、今までの生活に比べて制限されることが多いのでそのストレスから暴飲暴食をしてしまう事もあるかもしれません。
この時期はクリスマスやお正月もありますしね。

暴飲については、簡単です。
飲むについては缶ビール1本程度であれば付き合いなどもありますし
毎日でなければ許容範囲と思います。
出来れば妊活中の飲酒はない方が理想です。

暴食ですが私たちが食べたものは、胃に入り小腸に行き消化吸収されます。
食べたものがすぐに脂肪になる訳ではありません。
暴食をしてしまった翌日の食事が大切になってきます。

妊活中、妊娠中は暴飲暴食をしてしまうこともしょうがないと割り切って、次の日にきちんとリセットして体重管理をしましょうね。

暴飲暴食してしまったら、以下の4つに注目です。

1.白湯を飲む

朝起きたら、まずは白湯を飲んで内臓を温めて、代謝をアップさせましょう。
血液やリンパの流れも良くなって、老廃物を体外に排出してくれます。
白湯が飲みにくいと感じる人は、白湯に少しレモンを絞ってみてください。
レモン汁でもいいですよ。

2.軽い運動をして汗を出す
軽い運動を行うと代謝も良くなり老廃物も外に出やすくなります。
腸の活動も活発になるので、便秘解消にもなります。腸が元気であれば
体全身の調子も良くなります。

3.水分を多く摂る(無糖)
暴飲暴食した次の日は、水分をいつも以上に多く摂りましょう。
これも汗や料として老廃物を排出させましょう。

4.食べる量は控えましょう
食べる量をいつもの半分から3/2程度にしてください。
プラス、脂肪や糖質、老廃物を体外に排出してくれる食材を積極的に食べましょう。
オススメの食材を提案しますね(^o^)/

■青魚
魚の中でもいわし、さば、にしん、あじ、さんまなどの青魚がおすすめです。
これらの魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)には脂肪を燃焼する作用があり、
さらには「GLP-1」というホルモンを分泌させます。
この「GLP-1」は糖の吸収を抑えたり、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いだり
する効果があります。
その他DHA(ドコサヘキサ鳶)血液をサラサラにする効果も期待できます。

■野菜
ここでおすすめなのは食物繊維が多い野菜、糖質が少なめの野菜、
食べ過ぎ・飲み過ぎで発生した活性酸素を除去する緑黄色野菜、

■海藻類
わかめ、昆布、もずく、ひじきなどの海藻は最強のリセット食材。
表面のぬるぬる成分「フコイダン」が脂質の吸収を抑えて体の外に排出、
さらに海藻の色素「フコキサンチン」には脂肪をエネルギーに変えて燃焼させる
効果が!
そして海藻類はカリウムが多く含まれているので、食べ過ぎ、飲み過ぎ後の
むくみにも効果的です。

■酢の物
余分な糖の吸収を抑え、血糖値の上昇も緩和する酢は、食べ過ぎ翌日には
摂っておきたいもの。酢も海藻も一緒に摂れる「もずく酢」がオススメ。



暴飲暴食したら、必ず翌日は意識して食事や飲み物を摂取してくださいね。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/









当院の患者様は「原因不明と言われてしまった」「不妊治療クリニックを何度も転院」という方もいらっしゃいます。

もしあなたが、もっと他に取り組める方法をお探しであれば是非一度でも良いので、お試し頂きたいと思います。

【不妊整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら









【不妊鍼灸コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 栄養と不妊

web予約はこちら

東京不妊子宝センター仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付7:20迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

web予約はこちら

facebook

初めての方へ

仲町鍼灸接骨院

FACEBOOK

  • web予約はこちら

  • facebook

  • 初めての方へ

  • 仲町鍼灸接骨院

ページの先頭へ戻る

gotop