門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

AMH(抗ミュラー管ホルモン)とは③~費用編~

2018年9月25日 (火) 04:49

AMH検査は血中のAMH濃度を測る検査のため、採血によって行います。

基本的に生理周期の影響を受けないとされていますが、排卵後は値が多少下がる傾向にあります。

クリニックによっては望ましい検査時期(D3-生理3日目など)を定めているところもあります。

検査費用はおよそ5,000円から10,000円です。

健康保険は適用されず、すべて自費診療です。

結果が判明するまでには、通常1~2週間ほどかかり、検査結果はクリニックによって郵送、もしくは診察の際に医師から報告されるケースに分けられます。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 豆知識

AMH(抗ミュラー管ホルモン)とは②~検査編~

2018年9月18日 (火) 16:18

妊娠は、卵子が精子と結合して受精卵になり、子宮内膜に着床することで成立します。

しかし、その卵子の数には限りがあり、日々減少しています。

その卵子の数がどのくらい残っているかを検査する、AMH検査というものがあります。


女性の卵子は、胎児のときにつくられたものが保存されているだけで、新たに作られることがありません。

加齢や排卵のたびに数が減っていき、卵子そのものも年を取り、質が低下していきます。

しかし、残された卵の数や質の状態は、個人差があり実年齢と比例するわけではありません。

「AMH検査」では、血液検査で抗ミュラー管ホルモンという女性ホルモンの数値を出して、年齢ごとの平均値と照らし合わせます。

卵巣年齢や残された卵子の数が分かり、現時点で妊娠できる確率や妊娠できなくなるまでのタイムリミットに目安をつけることができるのです。


しかし、AMH(抗ミューラー管ホルモン)とは①でお話したように、AMHはあくまでも卵胞の「数」を反映する一つの指標でしかなく、卵子の「質」を表すものではありません。


AMHだけ測定し「数」に一喜一憂する前に、卵子の「質」を落とさない生活習慣を普段から心がけることが重要です。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 豆知識

日常生活の見直し~男性不妊~③

2018年9月11日 (火) 15:00

 男性不妊でお悩みならば、日常生活を見直してみるのもひとつの方法だと思います。


いくつか、日常生活で気を付けると良いと言われていることをご紹介しますので、参考にしてみてください。




・禁煙
有害物質は精巣に蓄積しやすく、精子のDNAが傷つくこともあります。
また、血流が悪くなるので、良い精子も作られにくくなります。
さらには、勃起不全の原因となることも。

・締め付ける下着やズボンをはかない
熱がこもる事で精巣を温めてしまいます。下着はブリーフより通気性の良いトランクスがおすすめ。

・長時間のお風呂やサウナは避ける

・パソコンをヒザに乗せて作業しない。
パソコンから放出される熱で、精巣を温める原因となります。

・ストレスを溜めすぎない

・育毛剤には注意する
フィナステルドを主成分とするものは、精子を作るのに必要な男性ホルモンの分泌を抑える働きがあり、
副作用で精子数の減少、勃起障害などが起こる事もあります。

・適度な運動
精巣の血流を良くし、男性ホルモンの分泌も良くなります。

・バランスのとれた食事
特に、ビタミンE、ビタミンB12は血流改善にいいと言われています。
また、精子の材料となる良質なたんぱく質や亜鉛の意識してとりたいですね。

・禁欲しすぎない
精子の生存期間は約3日です。それ以上の期間だと死滅精子が増えてしまい、質が落ちることになります。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 男性不妊

WHOの調査から~男性不妊~②

2018年9月4日 (火) 14:36

 WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊に悩むカップルの内、
・男性側に問題があり、女性側に問題がないケースが約24%
・男性・女性双方に問題があるケースが約24%
となっているそうです。


不妊に悩むカップルの内、約半分のカップルは男性側の問題があると言う事ですね。
思った以上に多いと感じるのではないでしょうか。
つまり、けっして珍しい、特殊なことではないのです。

男性不妊の原因としては、不明な場合が一番多いのですが、
原因がはっきりしているものには、次のものが挙げられます。

・乏精子症:精子の数が少ない。

・無精子症:精液の中に精子が無い、あるいはごくわずか。
      精子の通路がふさがっている「閉塞性」と
      精子が作られていない「非閉塞性」に分けられます。

・精子無力症:精子の運動率が低かったり、元気な精子が少ない。

・勃起障害(ED):セックスは出来なくても、マスターベーションが出来る場合も。


閉塞性の無精子症など、原因のはっきりしている場合は
治療でその原因を取り除くことができれば、男性不妊は解決する場合が多いです。
ですが、残念ながらそうではないケースも多くあります。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.koto-funin.com/











【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 男性不妊

web予約はこちら

30歳以上の不妊でお悩みのあなたへ【仲町鍼灸接骨院】

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付7:20迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

web予約はこちら

facebook

初めての方へ

仲町鍼灸接骨院

FACEBOOK

  • web予約はこちら

  • facebook

  • 初めての方へ

  • 仲町鍼灸接骨院

ページの先頭へ戻る

gotop