門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

子宮内膜症

2017年8月4日 (金) 19:33

子宮内膜症は近年増加傾向にあり、10人に1人が罹患すると言われる病気です。


生理痛が年々、ひどくなっているようでしたら産婦人科での受診をお勧めいたします。


不妊症のリスクは子宮内膜症患者の半数に有しており、3~4割の不妊症を有している方に子宮内膜症があると言われています。


子宮内膜症が不妊を引き起こす要因として、


卵巣と卵管の癒着、卵管と子宮の癒着、子宮の後面と直腸の癒着が起こり、卵巣や卵管の働きが低下します。


その結果、卵子を子宮に取り込むことができなくなる「キャッチアップ障害」になります。



また、子宮内膜症は腹水が溜まるため、卵胞の発育が障害されて受精率や妊娠率の低下を招きます。


チョコレート嚢胞が引き起こす子宮内膜症もあります。医学的に解明されていないのが現状です。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/






【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 豆知識

web予約はこちら

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5 さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時40分(施術受付7:30迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ページの先頭へ戻る

gotop