門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

体外受精~注射の副作用~

2017年11月19日 (日) 23:58

体外受精では排卵誘発剤であるhMG注射、hCG注射で卵巣を刺激して卵胞をたくさん育てて採卵しますが、副作用として卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用があります。


これは、卵巣内の卵胞が注射によって過剰に刺激され、卵胞が一気に成長してしまい、卵巣が腫大してお腹に水が溜まるものです。


この腹水は卵巣表面の血管から水分が漏れ出してしまっていることが原因 です。


血管から漏れ出してしまうと血管から濃縮されて尿量が減少します。重症化すると血栓ができて脳梗塞や心筋梗塞などを起こしたり、腎機能障害に陥ったりする場合もあります。


このように痛みやストレスが少なからず伴うのが高度治療でもあります。金額的にも決して安価なものでもなく、成功率も良くて30%以下です。


卵巣過剰刺激症候群(OHSS)など、卵子や精子の質、子宮環境に問題がある場合には有効なものではなくなり、次回からはhMGやhCG注射を用いた不妊治療が行えなくなることもあります。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

















【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 不妊治療

web予約はこちら

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5 さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時40分(施術受付7:30迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ページの先頭へ戻る

gotop