門前仲町から徒歩3分の不妊治療鍼灸院。不妊の悩みは当院にご相談ください

治療院ブログ

子宮内膜の厚さが妊娠率を上げるのをご存知ですか?

2017年9月27日 (水) 18:02

タイミング法・人工授精・体外受精・顕微授精の方法で不妊治療を進めていくうえで重要な要素がいくつかございます。


それは子宮内膜の厚さです。


子宮内膜の厚さを例えるならば、「厚みのあるフカフカのお布団」か「薄ければせんべい布団」といった具合です。


子宮内膜は受精卵の着床率に左右されます。もしあなたがどちらの布団でお休みになりたいですか?


いうまでもなく、前者を選ぶでしょう。好んで後者を選ぶ方はいないと思います。


では、どれくらいの厚さ(mm)があったほうがよろしいでしょうか?


一般的に6~8mmはあったほうが良いとの見解が一般的ですが、残念ながら妊娠率は5割にも満たされていません。


その率は年齢が高まるほど妊娠率は下がるとされています。


弊院がお勧めする厚さは10mm以上です。


15~18mm以上ならば妊娠率は7割を超えるデータもございます。


当院では「子宮内膜厚」を効率的に増やすご指導を行っております。



 仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/









【子宝(不妊)鍼灸整体コース・子宝(不妊)整体コース施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: あなたの身体と不妊

web予約はこちら

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5 さのやビル1階
【アクセス】 東西線「門前仲町」駅徒歩3分/JR京葉線「越中島」駅徒歩9分
【診療時間】 【平日】午前9時~11時/午後2時~7時40分(施術受付7:30迄) 【土曜】9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ページの先頭へ戻る

gotop